近年、バイオテクノロジー分野は新たなステージを迎えています。特に製薬分野では、ゲノム解析技術と共に、ES細胞やiPS細胞に代表される細胞培養技術を利用して、新しいバイオ医薬品の開発が加速しています。そして、その開発には、pHや溶存酸素を始めとする各測定項目の管理が不可欠です。また、バイオプロセスでは、製薬用水が製造装置等の洗浄用水などに幅広く用いられ、求められる仕様も工程によって様々です。HORIBAは、「研究開発」から「高品質・高効率な生産をサポートするオンライン計測」、「使用後の排水モニタリング」まで、全ての工程に計測技術で貢献いたします。
Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他