製薬用水は、人体に直接投与されるものともなりうるため、各国のレギュレーションで厳しく規制されています。さらに、近年はプロセスにおける品質管理が重要視されるようになり、グローバリゼーションの流れも受けることで、各国で異なっていた規制に対して、国際調和や計測項目の見直しといった動きが広がっています。HORIBAでは、これまでに培ってきた豊富なセンシング技術により、製薬用水(常水、精製水、減菌精製水、注射用水)の製造から品質管理まで、高品質な水質管理に最適な製品をラインアップしています。
Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他