日常を支えている社会インフラの一つである下水処理施設。ここでは、水の処理が適切に行われることで水の循環が維持されています。そして、適切な処理を行うためには水質を正確に把握することが重要です。厳しい環境下においても安定した測定に応えるべく、HORIBAは早くから下水処理向けの計測器を開発し、多種多様な測定項目、センサ、独自の洗浄器などをラインアップし、水の循環に貢献しています。また、省エネ制御に貢献できる制御用センサの開発など、環境負荷低減に貢献していく事も重要と考えています。
Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

卓上型 / ポータブル型 / フィールド型 / コンパクトタイプ《LAQUAシリーズ》

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他