2020年よりMARPOL条約附属書Ⅵ第14規則硫黄酸化物(SOx)及び粒子状物質(PM)の規制※開始に伴い、船舶の燃料油としてC重油を使用する場合には排ガス浄化装置が必要となります。そして、この装置から船外へ排出される水質についても測定が義務付けられる事になりました。HORIBAはこの水質測定や幅広い計測器のラインアップで環境規制と豊かな地球環境の保護に貢献します。
※大気汚染物質(SOx、PM等)は呼吸器疾患などの健康被害を起こすため、各国独自に陸上排出源、移動排出源の規制が実施されています。船舶からの排出については、国際海事機関(IMO)で外航・内航を問わず、世界的に海洋汚染防止条約(MALPOL)で規制されています。
船舶排ガス浄化装置用水質モニタ EG-100
Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

卓上型 / ポータブル型 / フィールド型 / コンパクトタイプ《LAQUAシリーズ》

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他