不純物を極限まで減らし、限りなくH2Oに近づけた高純度の水。超純水は、半導体デバイスやFDP(フラットパネルディスプレイ)の洗浄工程、発電用タービンの蒸気発生器など、様々な用途に利用されています。そして、この超純水は、脱塩やイオン交換、複数の膜処理など、多くの工程を経て製造されます。HORIBAでは、超純水の製造や純度管理に必要となる高精度な計測器を、用途に応じた幅広いラインアップでご用意しています。
Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

すみません、このアーカイブピリオドに翻訳された情報記事がありません。

Image alttext
読み物サンプル2(産業インフラ:製薬)

CIP/SIP/オートクレーブに対応

高温・高圧対応センサーやサニタリー仕様のフィッティングをラインアップ。FDA 21 CFR Part11 や EHEDG にも対応。

 Knick 計測器シリーズ 詳細

製品を探す

  • 産業インフラで探す
  • ソリューションで探す
  • 測定項目で探す
  • シリーズで探す
  • その他