微生物1細胞レベルの検出がその日のうちに
培養不要の高感度ATP法

お問い合わせ

2時間半で24検体 同時測定

測定時間は約2.5時間、24検体を同時に測定可能です。(ろ過時間除く)

細菌も真菌も

細菌・真菌など菌種に関わらず、芽胞状態の菌も測定可能です。

自動化されたプロトコル

人が関与する操作は最小限にし、作業者からの汚染リスク、作業工数を低減しています。

培養不要 ! 1細胞レベルを約2.5時間で検出

培養法では数日かかる微生物の検出もRapicaであれば、培養不要で約2.5時間で1細胞レベルのATP量を測定することができます。
(※ろ過時間除く)

高感度ATP法 測定原理

Rapicaでは検査の重要な部分はほぼ自動化しており、オペレータからの汚染リスクを低減しています。
複数の試薬を用いることで、生菌のみのATPを測定します。
また、芽胞状態の菌も測定が可能です。
試薬、光学系、自動化および測定プロトコルなどの技術の最適化により、高感度の測定を実現しました。
※対応可能な菌種についてはご相談ください

迅速化のメリット

● 効率的な生産計画

● 倉庫管理費低減

● 異常早期検知、迅速な対処

● 設備の予防保全

● 老朽化設備のリスク管理

● 早期製造再開

アプリケーション

用途:工程管理
対象:純水

純水製造ラインにおける薬液洗浄の迅速な効果検証

純水製造ラインでは、配管内の微生物によるバイオフィルムの形成が問題となります。薬液洗浄前後における培養法および高感度ATP法の測定結果を比較した事例を紹介します。

用途:最終製品検査
対象:点眼剤

防腐剤が含まれる点眼剤の測定
 

高感度ATP法を採用したRapicaでは、サンプルによって発光阻害また発光促進により適切な前処理が必要なものもあります。前処理検討の事例を紹介します。

想定されるアプリケーション例

工程管理


  • 製薬用水
  • 洗浄後確認
  • 工程中サンプル

環境モニタリング


  • 表面付着菌
  • 空中浮遊菌

出荷検査


  • 無菌試験
  • 細胞製品
お問い合わせ