特集論文 : CVS法における燃費計測精度の向上

製作者: 熊谷 樹

2014年5月23日


化石燃料の消費量削減が求められ,自動車における燃費性能は重要な商品価値を持つようになっている。燃費向上に伴い,燃費計測法のデファクトスタンダードであるCVS法を継続的に改良してきたが,近年ではこれまで問題にならなかったような誤差要因も低減が必要となっている。従来製品で既に実施されている低減策の他に,MEXA-ONECVS-ONEに取り入れた燃費計測精度向上方法を紹介する。

Since reducing the consumption of fossil fuel is imperative, fuel efficiency in automobiles has become an important commercial value. Along with the improvement of fuel efficiency, the CVS method that is a de facto standard for fuel consumption measurement method has been continuously improved, nevertheless, small error factors which were needless to care until recent years, have higher demand for reduction. In addition to the reduction measures have already been implemented in the conventional product, the methods to improve the accuracy of fuel consumption measurement adopted to MEXA-ONE and CVS-ONE will be introduced.

PDFをダウンロード (6.5 MB)


PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。