革新的なEVプラットフォームを提供するREEオートモーティブ社が英国ホリバMIRA社施設内に最先端のエンジニアリング研究開発センターを開設

|   News

EVプラットフォームの開発支援によりゼロエミッション社会実現をサポート

HORIBAグループは、自動車試験施設とエンジニアリングサービスを提供している英国のホリバMIRA(マイラ)社が、Eモビリティ※1をリードするREEオートモーティブ社(REE Automotive, LTD.、イスラエル、以下REE社)のエンジニアリング研究開発センターを同社施設に誘致したことをお知らせします
REE社は、同社が提供する「REEcorner」※2およびEVプラットフォームのグローバル展開を見据え、エンジニアリング設計、検証試験、妥当性確認試験、車両試験、製品認証などの各種試験を今回開設したエンジニアリング研究開発センターから主導していきます。
ホリバMIRA社は保有する車両試験施設と多様な技術分野に精通した技術チームのエンジニアリングサービスを提供し、REE社のEVプラットフォーム開発を支援。EV車のグローバル普及を加速させ、ゼロエミッション社会の実現をサポートします。

※1 Eモビリティ(エレクトロモビリティ)は、バッテリーや燃料電池といった電力を動力源にしている車両、EV車(電気自動車)、プラグインハイブリッド車などを指すことば。EV車などの普及推進をめざす動きのことを指すこともある。

※2 従来の自動車の部品 (ステアリング機能、ブレーキ機能、サスペンション、パワートレイン、および制御機能) すべてをホイールアーチに統括した革新的なREE社の技術。この技術によりシャシ(バッテリーを含む足回り関連の構成部品)が完全フラットなEVプラットフォームを実現。
  

概要

2021年2月、Eモビリティをリードするイスラエルの新興企業REE社は、ホリバMIRA社が運営する英国ミッドランドに広がるMIRAテクノロジーパークに新しいエンジニアリング研究開発センターを設立することを発表しました。
REE社の技術革新は「REEcorner」の開発により完全フラットで拡張性が高くモジュール化された次世代EVプラットフォーム「REEboard」を実現したことです。
REE社は英国に開設するエンジニアリング研究開発センターにおいて、エンジニアリング設計、検証試験、妥当性確認試験、車両試験、製品認証などの各種試験を主導し、REE社独自の技術を駆使したEVプラットフォームの大量生産を加速することで、EV車のグローバルでの需要増に応える計画です。
HORIBAグループは、ホリバMIRA社が保有する世界クラスの試験施設と技術スタッフによるエンジニアリングサポートをREE社に提供し、REE社が供給をめざす各国の要件に合わせた「REEboard」および「REEcorner」の開発支援を行うことで、EV車のグローバル普及を加速させ、ゼロエミッション社会の実現に貢献します。
 

MIRAテクノロジーパークのマネージングディレクター、Tim Nathanのコメント

「REE社をMIRAテクノロジーパークに迎えることができて非常に嬉しく思います。MIRAテクノロジーパークには、革新的な自動車製品をグローバル市場に提供している企業が参画しています。ホリバMIRA社は英国の中心部に位置し、世界トップクラスの車両エンジニアリングおよびテストサービスをサポートしており、REE社がめざす車両開発の達成に貢献します。」
 

REEオートモーティブ 社

社名:REE Automotive Ltd
創立:2013年
所在地:Headquartered in Tel Aviv, Israel, with subsidiaries in the U.S, UK and Germany
代表者:Daniel Barel, Co-Founder & CEO
URL:https://ree.auto/about/

REE社はEモビリティ技術を革新する新興企業です。 伝統的な考え方にとらわれず、完全フラットで拡張性が高くモジュール化された次世代EVプラットフォームを開発。従来の自動車の部品 (ステアリング機能、ブレーキ機能、サスペンション、パワートレイン、および制御機能) すべてをホイールアーチ内に統合する「REEcorner」と、完全にフラットでモジュール化された電子プラットフォーム「REEboard」は、REE社独自開発の2大コアイノベーションです。
REE社の技術は、世界の自動車メーカーのあらゆる車両サイズや形状のEV車に対応でき、従来のEV車と比べ、大幅な軽量化と広い社内スペースの確保が可能になるだけでなく、低コストでの供給を実現します。
REE社はEVプラットフォームのグローバル展開において、独自の低コスト(CapEx-light)モデルの投入を計画しています。2021年に米国に初となる生産拠点を開設し、その後15拠点を世界に開設予定です。各生産拠点でコンポーネントを組み立て、設備投資要件を削減することで、低コストモデルを実現します。REE社は、POSアセンブリ(販売時点情報管理システム)を備えた30か国以上のTier1パートナー※3の安定的なグローバルネットワークを通して製造する計画です。
※3 Tier1:
Tier(ティア)1とは、「一次請け」を意味しており、自動車業界では完成車メーカーに直接部品を供給するメーカーを指します
 

ホリバMIRA社

社名:HORIBA MIRA Limited
創立:1946年(2015年にHORIBAグループ加入)
所在地:Watling Street, Nuneaton, Warwickshire, CV10 0TU, United Kingdom
代表者:Dr. George Gillespie OBE, Executive Director
主な事業:
車両開発エンジニアリングビジネス
車両走行性能・ブレーキ性能・対電磁波性能・衝突安全性能・機能安全性性能・ハイブリッドシステムの設計等の技術開発サービス、自動走行や遠隔操作技術等を利用した自動運転車両の技術開発サービスを提供。

試験エンジニアリングビジネス 
大規模な実験設備および自動車試験コースを利用し、衝突安全性試験や排ガス認証試験などの車両型式認証試験に関する車両の検査や型式認証など欧州認証機関から委託されたサービスを提供。

研究開発棟のリースビジネス
自動車メーカーを敷地内に誘致するMIRAテクノロジーパークの運営。英国政府によるEnterprise Zones※4にも指定。同様に英国政府が推進する自動運転プロジェクトからも融資を受け、プロジェクトをリードしている。
 

ホリバMIRA社では、EVの開発支援に加えて、自動(無人)運転車の開発支援サービスも提供しています。自動運転技術の実用化に向けて、公道で起こりうる様々な事象及び環境を再現し、システムユースケースやシナリオを柔軟に作成する技術・機能を備えた自動運転車両開発試験施設「ASSURED CAV」(アシュアード CAV)がまもなく稼働します。

※4 Enterprise Zone:
英国政府が進める経済特区プロジェクトの一つ。特区内に拠点を持つ企業は税率低減などのメリットを受けることができる。MIRA社施設を含め英国内に48か所指定されている。

ホリバMIRA社 テストコース