当社における出勤率削減に関する取り組み

|   News

  

当社では、当社独自の在宅勤務制度“Good Place勤務制度”や時差出勤制度などを全社的に運用し、新型コロナウイルス感染防止対策を実施しています。
製造業という特性から、全社一律の削減目標を設けることはしていませんが、緊急事態宣言の有無に関わらず、京都本社ならびに、東京、名古屋、大阪、福岡を始めとする国内すべての拠点も含めて、以下の3点についてのバランスを各職場単位で考え企業活動を推進しています。

  • 新型コロナウイルス感染拡大の防止
  • 事業継続による社会への貢献
  • 従業員のワークライフバランスの実現と生産性向上

 
※ Good Place勤務制度:https://www.horiba.com/jpn/company/news/detail/news/1/2019/国内グループの全社員にテレワーク拡充/
本制度は、2014年よりスタートした当社のダイバーシティ推進プロジェクト「ステンドグラスプロジェクト」の活動から生まれた制度です。
ステンドグラスプロジェクトの詳細は以下のスペシャルサイトで紹介しています。
https://www.horiba.com/diversity/workstyle.html