コア技術が支えるHORIBAの分析力

HORIBAグループは、pHメータをはじめとした液体計測技術、 NDIR (非分散赤外線吸収法)を中心としたガス計測技術、蛍光X線による固体分析技術、流体の計測・制御技術、および分光計測技術の5つを,独自のコアテクノロジーとして有しています。中でも液体計測技術、NDIR技術および蛍光X線技術は、1953年の創立以来培ってきた基幹技術であり、現在でもHORIBAグループの基幹技術として、液体・気体・固体計測関連製品を支え続けています.

長期安定性に優れた信頼性の高いHORIBA NDIR技術
分光コア技術

HORIBA NDIR技術

HORIBAの次代を牽引するコア技術