概要

名古屋サービスステーションは、名古屋市の最も東に位置し、高速道路へのアクセスが抜群の立地を活かしたスピード感のあるサポートを行っています。愛知県、岐阜県、長野県(南部)を担当エリアとし、ガス計測機器、水質計測機器をはじめとした環境・プロセスシステム機器、X線分析装置、炭素・硫黄分析装置などの科学システム機器を中心に、自動車・鉄鋼・電力など多様な業種のお客さまへ、ニーズに合わせたサービスを提供しています。

主要担当製品

セグメント名 自動車計測 環境・プロセス 医用 半導体 科学
取り扱い製品      

[環境・プロセスシステム機器]
煙道排ガス分析装置、自動全窒素・全りん測定装置、大気汚染監視用測定装置 など

[科学システム機器]
エネルギー分散型X線分析装置、X線分析顕微鏡、ICP発光分析装置、酸素・窒素・水素分析装置 など

所在地&社屋外観写真

〒465-0025
名古屋市名東区上社三丁目203番地(リバーページ本郷1F)
052-705-0711

アクセス情報/MAP

公共交通機関

  • 市営地下鉄東山線「本郷」駅より徒歩5分
Loading...

地図を印刷するスマートフォン用のページをメールで送る地図を開く

拠点便り

アクトス6時間リレーマラソン2014 in ナゴヤドームに参加

9月20日(土)、“アクトス6時間リレーマラソン2014 in ナゴヤドーム”が開催されました。今年で3回目の挑戦となり、中部地区のホリバリアン13名でA・Bの2チームを組んで出場しました。

この大会は、一周2kmのコースを走り、制限時間の6時間内でリレーをつないでいくレースです。例年、時間内にどれだけの距離を走ることができるかを競う“6時間リレーマラソン”へエントリーしていましたが、今年は時間内にフルマラソンの距離をリレーでつないで走破する“42.195kmリレーマラソン”へエントリー。

スタート早々、Bチームがたすきをつなげず、第一走者が2周走ってしまうハプニングが発生。ルール上は問題ありませんが、出出しから明らかなオーバーペースに最後までペースを守り切れるか不安がよぎりました。それでもなんとか無事にペースを取り戻すことができると、最終的に2チームとも4時間前後で完走することができました。

帰りはお風呂に直行し、程よい筋肉痛をほぐした後は、近くのお店で懇親会を開催。マラソンの後のビールは格別で、参加者全員が美味しい料理を食べながら心身ともにリフレッシュしました。

拠点だよりTOPへ