分析業界初 ツイッター連動ウェブサイト

2010年8月10日


分析業界初 ツイッター連動ウェブサイト
「お客さまと一緒に作り上げる製品」を視野に
まずは分析展2010向けコラボレーションを開始

当社は、顧客や分析業界に携わる方々と広く対話を行う目的で、ツイッターと連動するウェブサイトを8月10日に開設します。オープンで頻度の高いやりとりが行えるツイッターの特長を活かし、当社製品やサービスへのご意見を取り入れ、将来は製品の改良や新製品開発にもつながると期待しています。分析に携わる技術者が集結する「分析展2010」を足がかりとして、「お客さまと作り上げる技術セミナー・展示ブース」をテーマに、当社ホームページ内に開設します。ツイッター連動ウェブサイトはこちら

<ツイッターのビジネス利用 >

これまで、お客さまとの対話はおもに、営業担当者による訪問・電話・Eメールという方法によって行ってきました。ツイッターには、これらが持つ一対一の対話能力に加え、オープンな場で行われる会話に同じ興味・課題を持つ他の人々が容易に参加できるという特長があります。また、ツイッターでのやりとりはリアルタイムで表示・検索することが可能なため、きわめて頻繁で実際の会話に近いコミュニケーションが起こりやすいという性質もあります。当社は、ツイッターの、同時に多くの方々との密接な関係づくりができるという可能性に着目し、このたび同サービスを導入するに至りました。

<ツイッター連動ウェブサイトの概要>

当社のツイッター連動ウェブサイトでは、参加者の分析に関連するツイートがリアルタイムに可視化されます。刻々と進行する話題に興味を持つ方は誰でも、自分のツイッターアカウントを使用して会話に参加することができます。
当サイトでは当初、分析展2010で予定されている新技術説明会(当社グループから全10テーマを提供)を題材とし、講演内容についてのご意見やご要望を受け付けます。会話には実際の講演担当者が参加し、当サイト上で行われる会話を通して、実際の講演シナリオを作り上げていく狙いです。当サイトで会話される内容は、当サイト内のみならず、通常のツイートとして一般にも閲覧されます。将来的には分析に広く関わる会話が行われ、製品・サービスの改良や潜在ニーズの発掘にも役立つと期待しています。

<2010分析展>

開催期間: 2010年9月1日(水)- 2010年9月3日(金)
会場: 幕張メッセ 国際展示場 7ホール Booth No. 7B-101,201
主催:社団法人日本分析機器工業会