[報道発表] 掲載内容は発表日時点の情報です。

経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「なでしこ銘柄」に2年連続で選定

2020年3月 3日


当社は、3月3日、経済産業省と東京証券取引所が女性活躍推進に優れた企業を選定する「なでしこ銘柄」に電気機器の業種区分で選ばれました。昨年に続き2年連続の選定となります。

当社は2014年にダイバーシティを推進する「HORIBAステンドグラスプロジェクト」※1を発足し、2017年に組織化しました。多様な人財の活躍を経営戦略の一つとして捉え、経営層、人事部門、現場の従業員が三位一体となってダイバーシティを推進しています。今後も社是「おもしろおかしく」のもと、従業員一人ひとりが働きがいをもって能力を発揮できる職場づくりを推進し、企業価値向上を実現します。



HORIBAステンドグラスプロジェクト※1:
様々な色や形、大きさのステンドグラスが集まり1枚の美しい絵になるように、従業員一人ひとりの強みや個性、才能を発揮することで、より強い組織を実現することを本プロジェクトの目標としています。
 

なでしこ銘柄とは

2012年より毎年、経済産業省と東京証券取引所が共同で上場企業を対象として行っている「女性活躍度調査」をもとに評価し選定しています。中長期的な企業価値の向上を重視する投資家に魅力ある銘柄として紹介することで、企業への投資を促進し、また各社の取り組みを加速化していくことを狙いとしています。
 

当社のダイバーシティ推進に関する取り組み

当社は創業以来、「人」を最も大切な財産であると捉え、活躍の場を広げられる働き方の工夫を重ねてきました。2014年には当時の副社長(現 副会長兼グループCOOの齊藤壽一)がプロジェクトオーナーとなり、現場からワーキンググループメンバーを任命したダイバーシティの推進プロジェクトである「HORIBAステンドグラスプロジェクト」を発足しました。2017年よりステンドグラスプロジェクト推進室として組織化。同プロジェクトリーダーの森口真希が室長を務め、国内グループ5社の経営層と現場をつなぐステアリングコミッティを設けるなど、活動をさらに強化しました。中長期経営計画「MLMAP※2 2023」では、重点施策の一つとして“すべての事業活動推進の原動力となる「強い人財」を作る組織体制の強化”を掲げ、働きがいのある仕組みづくり、働きやすい職場環境の整備に全社一丸となって取り組んでいます。

2015年より女性の育児休業取得及び復職率は100%※3となりました。また、2018年には女性の課長相当職以上が全体の約13%※4となり、部長職や執行役員も輩出しています。なお2021年までに、全社及び各部門の意思決定プロセスに参画する女性の割合を20%以上、2023年までに女性管理職比率を20%にすることを目標としています。

※2:MLMAP(Mid-Long Term Management Plan):
当社では中長期経営計画を「MLMAP」として社内浸透させています。

※3、※4:堀場製作所単体
 

当社の具体的な施策

  1. キャリア支援
    当社は、2014年より国内グループ4社の女性管理職候補者を対象にワークショップを実施するなどのキャリア支援を行っています。2018年から女性のより自律的なキャリア構築を目的とした「Stage Up研修」を開始。2019年は29名が同研修に参加しました。11名のマネジャー(女性7名、男性4名)がトレーナーやアドバイザーとなり、参加者自身の強みをキャリアにつなげるためのフレームワークを学ぶほか、上司や先輩の期待やおもいを知るワークを行いました。

    Stage up 研修の様子
     
  2. 健康・ワークライフバランスの向上
    健康課題への支援
    ワークライフバランスを維持・向上できるよう2004年に社外の病院と提携し、従業員の家族も利用できる相談メール窓口、休日診療を受けられる体制を整えています。同年より産婦人科医によるフェミニンサポートセミナーも継続実施しており、産婦人科に相談しやすい環境を構築してきました。
     
    男性の育児支援
    育休からの復職時に夫婦でキャリアを考えるセミナーや、家庭と仕事の両立に役立つ情報交換の場としてランチ会を実施し、その情報を社内のイントラネットで発信し、共有しています。また、2016年より、特別育児有給休暇として5日間を付与したことをきっかけに取得が増え、2018年は男性の育児休暇取得率が40%を達しました。
     
    テレワーク制度の拡充
    2006年に制定した在宅勤務制度を、現場の声を元に拡充し2019年1月に「Good Place勤務制度」(テレワーク制度)として国内グループ全社に導入し、利用日数は延べ1000日を超えました。ワークライフバランスの維持だけでなく、効率性や生産性を今以上に向上することを目的としています。
     
  3. ステンドグラス行動指針を策定
    当社は国籍や性別といった「属性」だけではなく、一人ひとりの意見、価値観といった「内面」に対する相互理解が重要だと考えています。HORIBAステンドグラスプロジェクト発足時から掲げるミッションのもと、2020年1月より新たに3つの行動指針を定めました。
     
    ミッション:色とりどりの個性・才能が輝き、新たな価値を創造しつづけることで強いHORIBAを実現する
    1.「無意識の壁」を超え、個の能力を最大限発揮する
    2. 2way コミュニケーションによる相互理解でチーム力を最大化する
    3. チャレンジ精神で働きがいを追求する

上記のような一つひとつの活動の成果が、多様な人財の活躍に繋がるものと考えています。今後も従業員一人ひとりが働きがいをもって力を発揮できる職場づくりを推進してまいります。
 

関連情報