第40回「2019日本BtoB広告賞」ポスターの部で金賞、カレンダーの部で銀賞を受賞しました。

2019年6月 4日


当社は、第40回「2019日本BtoB広告賞」(一般社団法人日本BtoB広告協会主催)において、ポスターの部で金賞、カレンダーの部で銀賞を受賞しました。日本BtoB広告賞は、1980年より行われているBtoB広告作品の総合コンテストであり、広告作品は毎年、各作品を通して展開される企業のコミュニケーション活動(広告主)と制作にかかわる総合技術(制作社)について、優れたものが表彰されます。本年は全13部門において総計472点の応募があり、各部門の入賞作品が決定されました。 


6月4日に行われた表彰式の様子 
 

受賞作品とコンセプトの紹介 

ポスターの部 金賞

 
「赤い大地に秘められた知層。」
アメリカ合衆国のセドナには、剥き出しになったおよそ3億年前の地層があり、酸化鉄に由来し赤みを帯びた岩石を分析することで、地球の履歴を探る研究や地層そのものの多様性の解明に役立てられています。
このポスターは、地球上で分析するべきものごとのスケールの大きさを表現するために、ダイナミックな景色を用い、当社の分析・計測技術が、地球環境の保全に加えて、地球環境の変遷を解き明かす研究にも貢献していく姿勢を訴求しています。

広告主:(株)堀場製作所
制作者:(株)堀場製作所 ホリバ・インスツルメンツ社出向 松本堅太郎 
 

カレンダーの部 銀賞 

「郷土玩具の世界」 ~Children's Protective Deities~

モチーフとした「郷土玩具」は、古くから子どもたちの遊び道具であるとともに、子どもの成長や家族の健康と平安を守る存在でもあります。また、季節や祭事の象徴として、大人たちにも愛されたことで、現在に伝えられてきました。前年の「櫛」に続き、日本古来の伝統を尊び、そこに根づくおもいや職人の技巧を伝え、当社の独自性を体現しています。

HORIBAカレンダーについて
当社では1960年よりカレンダーの制作を開始し、日常生活に欠かせない最大の情報である「月日」に、毎年異なるモチーフを通して、付加価値を加えたコミュニケーションメディアと位置づけています。現在の365を超えるモチーフから多様性を表現するシリーズは、1994年に始めて以来、今回で26作目になります。

広告主:(株)堀場製作所
制作会社:(株)工作舎、(株)ラユニオン・パブリケーションズ
 

ご参考

日本BtoB広告賞/過去5年の当社受賞実績
第39回(2018年) カレンダーの部<銀賞>、ポスターの部<銀賞>
第38回(2017年) カレンダーの部<銀賞>
第37回(2016年) カレンダーの部<銀賞>、ポスターの部<銀賞>
第36回(2015年) 製品カタログ〈総合〉の部<銅賞>、企業カタログ〈会社案内・営業案内〉の部<金賞>、アニュアルレポート、CSR環境報告書の部<銅賞>、カレンダーの部<銅賞>
第35回(2014年) 雑誌広告の部<銅賞>、製品カタログ〈総合〉の部<銀賞>、企業カタログ〈会社案内・営業案内〉の部<金賞>、カレンダーの部<金賞>
 

関連情報

当社の刊行物・広告を通じたコミュニケーションについて

一般社団法人日本BtoB広告協会
第40回「2019日本BtoB広告賞」