車載型排ガス計測システムと自動血球計数CRP測定装置でグッドデザイン賞を受賞

2015年9月29日


当社は、車載型排ガス計測システム「OBS-ONEシリーズ」と自動血球計数CRP測定装置「Microsemi LC-767シリーズ」において、公益財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2015年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞しました。
今回の受賞を契機に、さらに弊社製品のデザインクオリティの向上も含めて、お客さまにとって価値のある商品の開発をめざします。

車載型排ガス計測システム 「OBS-ONEシリーズ」


「OBS-ONEシリーズ」は、路上走行時の自動車排ガスに含まれるCO(一酸化炭素)やNOx(窒素酸化物)など排ガス成分を測定する世界最小(*1)の車載型の排ガス計測システムです。測定試験室で自動車を固定した状態での測定に加えて、路上での測定ニーズに対応することで、より実態に即した排ガス測定を提供します。
開発当初から、スムーズな操作性の体感で、素早く簡単に測定できるデザインの実現をめざしました。計測装置の搭載に必要な時間や設置場所に着目し、使いやすさと安全性を追求。あらゆる車両に搭載しやすいモジュール構成で、工具を使わず機器の設置が可能です。また、操作系も装置前面に集約し、作業性を向上させました。さらに、計測装置を人のように座席にシートベルトで座らせる(固定する)ことで、自動車に人が乗っている重量バランスに近づけ、一般的な走行環境に応じた排ガス計測シーンを提供します。

審査委員による評価コメント抜粋

ただ単に小さいというだけでなく、簡単な設置のためのモジュール構成と接続や操作を全て前面に集約させたフロントアクセスのデザイン、トランクへの設置だけでなく、フレーム溝の工夫による助手席や後部座席にシートベルトのみで設置固定できる構造など、実際の使用状況において発生するであろう様々な要求に応えたデザイン。

(*1)世界最小とは
乗用車の規制対象となる排ガス4成分(CO、CO2、NOx、NO2)の測定装置で世界最小。(自社調べ 2014年5月現在)

関連情報 

コーポレートニュース:世界最小の車載型排ガス装置を開発(2014年5月15日付)

 

自動血球計数CRP測定装置「Microsemi LC-767CRP」


「Microsemi LC-767CRP」は、赤血球や白血球などの血球成分を測定する血球計数と、炎症の指標となるCRP(C反応性たんぱく)濃度を同時測定する世界最小・最軽量の自動血球計数CRP測定装置です。本製品は、小児病院やクリニックなど、医師が患者を問診している間に血液を分析し、その場で医師へ検査結果を提供できます。
当社従来製品と比べ、設置面積比を約18%縮小し、診察室の整理・整頓・清潔など5S改善につながる快適・安全な環境づくりに貢献します。また、近年普及が進む電子カルテに対応するソフトウェアを開発し、病診連携(*2)の効率化や診療記録の省力化の一助となることを期待した製品です。

審査委員による評価コメント抜粋

すぐに大がかりな検査ができないクリニックなどでは感染の有無を推察するに、臨床上重要な項目であるためメリットは大きい。従来製品と比べ、当社従来製品と比べ約18%縮小されていることも、このような装置を必要としている医療機関のニーズに合致している。

(*2)病診連携とは
日常の診察は近くの診療所で受け、再検査や入院・手術などは大病院などで行う地域医療連携。電子カルテなどIT技術が活用され、効率的な情報共有をめざしている。

関連情報 

コーポレートニュース:世界最小・最軽量 血球+CRPの同時測定装置を発売(2015年2月17日付)

グッドデザイン賞とは

「グッドデザイン賞」は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開されており、のべ受賞件数は38,000件以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。