[報道発表] 掲載内容は発表日時点の情報です。

英国MIRA Ltd.の事業を買収

2015年7月14日


車両開発事業やテストコースを使った車両試験領域へ事業を拡大
自動運転車など次世代モビリティ開発へのさらなる貢献をめざす

当社は、英国の子会社を通じ、英国に拠点を置く自動車などの車両開発エンジニアリングや試験設備の提供を行うMIRA Ltd.(以下、MIRA 社)の事業を本日付で買収します。MIRA 社が東京ドーム60 個分の広さを誇る敷地に所有するテストコースを使った試験事業や、様々な車両開発に関する設計・エンジニアリング技術と試験施設運営の事業を取得。これらMIRA 社の技術と、当社の自動車計測システム機器事業で展開する自動車開発や規制に関する分析・計測技術を統合し、事業領域の拡大と新たな製品・サービスの拡充を進めます。自動運転や、電気自動車・超低燃費自動車など次世代モビリティ開発の最先端分野で事業を拡大します。


[写真]MIRA社全景(東京ドーム60個分の敷地に、全長4.5kmのテストコースや衝突試験設備等を保有)

背景と狙い

当社の自動車計測システム機器事業(2014 年度売上高:550 億円)は、世界的に高いシェアを有する排ガス計測(以下、EMS)ビジネスに加え、2005 年にエンジン計測装置などの自動車計測(以下、MCT)ビジネスを取得し、エンジンから駆動系の研究開発において自動車メーカーや部品メーカー、国家認証機関などに分析・計測システムの提供を行っています。エンジンは自動車等の駆動源として今後も主要な役割を果たし、この分野は成長を続けると見込んでいる一方で、さらに長期的な視点では自動車産業の投資はよりエネルギーや安全領域、そしてIT を活用した自動走行車両の領域へ変遷していくと考えられます。
これらの市場変化へ対応し、自動運転技術、安全性能技術などの車両開発分野に事業を展開するため、MIRA 社の各事業を取得し、次世代モビリティ開発での提案力を強化します。

MIRA社の概要

MIRA社は1946 年に英国政府の研究機関として設立され、自動車や航空宇宙、鉄道などの産業分野において、次世代の輸送技術を含む各種試験、設計・開発の委託研究を行っています。英国中部バーミンガム近郊ナニートンにある297ha の敷地には、高速テストコースや各種交通環境を模擬した特殊な試験コース、及び各種試験設備を保有し、車両開発エンジニアリングビジネス、試験エンジニアリングビジネス、研究開発棟のリースビジネスを提供しています。英国内に留まらず、近年は日米欧・アジアの自動車メーカーからの需要も拡大しており、事業拡大に新たな一歩を踏み出す必要が出てきています。
英国には、F1(フォーミュラ1)などのモータースポーツで多くの車両供給企業が開発拠点を持っています。MIRA 社が拠点を構える英国中部ミッドランド地域は、自動車関連企業が多く集まる自動車開発における最先端技術の集積エリアです。

  • 車両開発エンジニアリングビジネス
    車両走行性能・ブレーキ性能・対電磁波性能・衝突安全性能・機能安全性性能・ハイブリッドシステムの設計等の技術開発サービス、自動走行や遠隔操作技術等を利用した自動運転車両の技術開発サービスを提供。
  • 試験エンジニアリングビジネス 
    大規模な実験設備および自動車試験コースを利用し、衝突安全性試験や排ガス認証試験などの車両型式認証試験に関する車両の検査や型式認証など欧州認証機関から委託されたサービスを提供。
  • 研究開発棟のリースビジネス
    自動車メーカーを敷地内に誘致するMIRA Technology Park の運営。英国政府によるEnterprise Zones※にも指定。同様に英国政府が推進する自動運転プロジェクトからも融資を受け、プロジェクトをリードしている。

社名

MIRA Ltd.

創立

1946年

所在地

Watling Street, Nuneaton, Warwickshire, CV10 0TU, United Kingdom

代表者

Executive Director / Dr. George Gillespie OBE

事業拠点

本社含む 6 ヵ国13 社(英国、米国、中国、インド、ブラジル、モーリシャス)

従業員数

518名(2014年末時点)

業績
(2014年度)

売上高46.1 百万ポンド(約86億円)
《円換算は、1ポンド=186.93円(7月10日付レート)で計算》

当社の自動車計測システム機器事業とMIRA社事業のシナジー

MIRA 社においては、当社の排ガス測定装置も活用し顧客メーカーと共同開発などを進めてきましたが、電気自動車のシステム設計技術をはじめ将来の車両開発技術に欠かせない要素を保有する車両開発エンジニアリングビジネスの強化に大きく舵を切ろうとしています。当社が保有するEMS やMCT ビジネスにおける最先端の計測技術を、MIRA 社の研究開発の現場に投入することで、車両開発において自動車関連企業のパートナーとして事業拡大を加速させることができます。

  1. 事業ポートフォリオを補完し、車両開発分野の包括サービスを提供
    当社の計測技術とMIRA 社の設計・開発、試験シミュレーション技術は、両社の事業ポートフォリオを補完し、車両開発における技術的な包括サービスを実現。また、次世代の車両開発技術のノウハウの蓄積が可能。
  2. 車両開発エンジニアリングビジネス/試験エンジニアリングビジネスのグローバル展開
    MIRA社が展開する英国及びアジア・南米など一部地域に限られた事業展開を、当社のネットワークを活用し、グローバル市場で新規市場を開拓。
  3. 電気自動車設計や自動運転技術など次世代モビリティの開発に貢献
    MIRA 社は、電気自動車の設計や自動運転、IT 関連技術に関して、当社製品ラインアップを補完できるノウハウを保有しており、製品の差別化と共に、これらの最新技術を採用した試験システムを用いることで、未来の自動車社会を支える技術の設計・開発サービスを強化していくことが可能。

EMS ビジネスでの圧倒的なグローバルシェアと顧客アクセスを生かし、2005 年のMCT ビジネスの買収以来、HORIBA の自動車計測システム機器事業の売上高は2 倍の規模に成長してきました。この10 年の経験をMIRA 社事業との融合に生かし、車両開発全般に係るエンジニアリングや試験分野においてさらなる成長をめざします。

買収のプロセス

当社が2015 年6 月5 日に英国内に設立済みのHRA International Ltd.が、MIRA Ltd.より2015 年7 月14 日に資産を譲り受け、同時にHORIBA MIRA Ltd.と社名を変更して事業を開始します。

社名

HORIBA MIRA Ltd.

所在地

Watling Street, Nuneaton, Warwickshire, CV10 0TU, United Kingdom

代表者

Executive Director / Dr. George Gillespie OBE

用語解説

※Enterprise Zones…英国政府が進める経済特区プロジェクトの一つ。特区内に拠点を持つ企業は税率低減などのメリットを受けることができる。MIRA社施設を含め英国内に24か所指定されている。

関連情報

MIRA Ltd.ホームページ

(7月14日掲載)IRニュース:子会社の増資及び事業譲受(英国MIRA Ltd.の買収)に関するお知らせ