HORIBAグループは、「品質(ISO9001)・環境(ISO14001)・安全衛生(OHSAS18001)・道路交通安全(ISO39001)」の統合マネジメントシステム(IMS:Integrated Management System)を構築しています。さらに医療機器の品質(ISO13485)や事業継続(ISO22301)を加えスパイラルアップし、「環境」「健康」「安全」「エネルギー」に貢献する製品を社会に提供することで「快適で幸福な社会」の実現に貢献しています。

HORIBAグループIMS方針

  1. 私たちHORIBAグループは、世界中のどの地域においてもFirst Class Qualityの製品・サービスを通して、お客様のニーズにお応えします。
  2. 私たちの技術を応用し、科学技術の発展と環境、健康、省・創エネルギーに貢献するとともに、法規制及び社会的規範を遵守することを通じて、ステークホルダーとの共栄を図り、社会の発展のために積極的に寄与します。
  3. こころとからだの健康を大切にし、明るく活気のある職場づくりを推進します。
  4. リスク管理を実践し、製品・サービスを通じて、人々に健康・安心・安全を提供するため、可能な限り事業の継続・安定的発展に努めます。
  5. グループ経営方針に則り、グループ会社全体の価値創造のため、達成計画を策定し、継続的改善に取り組みます。

このIMSをグループ各社に展開し、グローバル企業としての礎を強固にするための取り組みについてご説明します。最新の活動の詳細については、以下の「2018年IMS目標の結果」「2019年国内HORIBAグループIMS目標取り組み計画」および「環境報告」をご覧下さい。

2018年IMS目標の結果

HORIBAグループでは、IMSを実効あるものにするため、「グループIMS目標」を掲げています。
①安全、②品質、③衛生、④環境、⑤リスクの5つのカテゴリーから成ります。

HOR=(株)堀場製作所、STEC=(株)堀場エステック、HAT=(株)堀場アドバンスドテクノ、HTS=(株)堀場テクノサービス

◎=達成、〇=一部達成、△=取組中

カテゴリー テーマ グループIMS目標 内容 結果
安全 安全宣言行動方針への対応 : 行動計画の遵守
工場設備安全 (1)拠点整備・移動に伴う事故ゼロ
阿蘇工場改修工事における安全対策の徹底
拠点整備・移動に伴う事故ゼロ達成。
(2)リスクアセスメント及び安全対策の実施
(ガス・排(廃)液漏えい事故防止)
社内のリスクアセスメントシステムをリニューアルし、安全対策を強化。
労働災害防止 (1)業務上災害・業務上交通災害/職業性疾病/通勤途上災害をゼロにする 発生件数が昨年より減少したが、目標は未達。
(2)非定常業務での災害ゼロ 非定常業務での災害ゼロ達成。
製品安全 (1)Complaint Sheet※1でのSA・A案件数ゼロSA・A案件:人身事故、火災、環境汚染及び顧客に多大の損失を発生させる恐れのある致命的な苦情 発生した案件については是正を実施。
(2)CAPA※2運用と過去の是正・予防対応の実施確認 CAPAの運用を継続中。
サービス安全 (1)現場作業における製品・サービス要因事故ゼロ(ヒヤリハット・ニアミス含む) 試運転作業と定期点検作業でヒヤリハットを含む事例が発生。
(2)職場の労働安全衛生定期巡視と現場安全衛生パトロールの充実 年間を通じ、パトロールを計画的に実施。
交通安全 (1)死亡事故/加害人身事故をゼロにする HFL※3導入などの取り組みで、死亡事故及び加害人身事故ゼロ件達成。
(2)自責物損事故(加害・自損)のゼロを目指す 発生した自責物損事故については是正を行い、再発防止を実施。
品質 品質コスト(予防・評価・損失) のバランス配分と圧縮 (1)グループ各社、工場ごとの品質コスト状態改善
中長期達成目標 : 予防コスト≧評価コスト≧損失コスト
各社の状態は以下の通り。
[HOR] 1:6:3
[STEC]1:5:4
[HAT] 4:2:4
(2)損失コスト 2017年より低減 2017年より、損失コストの対象範囲を見直したため、2017年より増加。
工場品質の向上 (1)びわこ工場:受注〜設計〜生産〜据付けまでのリードタイム短縮 79件の改善テーマを推進した結果、リードタイムを短縮を達成。
(2)阿蘇工場:グループ量産の基幹工場の体制確立(安定品質/コストダウン) 半導体市場の急激な変化が発生した為、人員等も含めて体制の対応中。
トリプルゼロの
実現
重大クレームゼロ,重大事故ゼロ,法規制違反ゼロ 目標未達
衛生 労働衛生 (1)排ガス・排(廃)液・有害物質・放射線・化学物質等による人の健康障害のゼロを維持する。 リスクアセスメント実施により、健康障害ゼロ件達成。
健康増進 (1)健康診断受診率100%を維持する 目標達成。
(2)保健指導実施率を2017年よりアップさせる 2017年より40%以上の実施率アップを達成。
メンタルヘルス (1)新規メンタル不調者数を2017年度より減少させる 2017年より新規メンタル不調者数増加
(2)ストレスチェックの集団解析結果の改善
(①高ストレス者の低減/②職場の総合健康リスクの低減)
高ストレス者の割合は昨年より低減。ストレスチェックの集団解析結果は、外部平均に比べ良好。
環境 省エネ・省資源 (1)エネルギー使用効率 2017年度比1%向上 STECにて生産施設を拡張したため、使用効率の目標未達。
(2)廃棄物削減につながる活動の展開 最終埋立率1%以下を達成
環境事故未然防止 (1)環境事故ゼロ 目標未達
製品環境パフォーマンスの維持・向上 (1)省エネルギー
  • 省資源化の向上
環境適合設計の対象製品において、省エネルギーおよび省資源化の取組みを実施。
(2)製品含有化学物質情報の早期提供 社内外に対し早期提供を実施中。
(3)EU RoHS指令適合 計画通り、EU RoHS指令適合の対応を実施中。
リスク 情報セキュリティ/機密情報管理 (1)情報セキュリティインシデントの発生防止 情報セキュリティに関する教育を継続しインシデント発生の防止に努める。
事業継続 (1)BCMS※4運用効果によるレジリエンスの向上 新安否確認サービスを導入し、組織のレジリエンシーを強化。
(2)対象リスクの拡大(経営/パンデミック) 災害対策及び耐サイバーテロに耐え得るシステムの構築を実施。

※1 Complaint Sheet = 顧客苦情シート
※2 CAPA = 是正処置及び予防処置
※3 HFL = 統合運行管理支援システム(HORIBA FLEET LINKAGE)
※4 BCMS = 事業継続マネジメントシステム

2019年国内HORIBAグループIMS目標取り組み計画

目標:トリプルゼロ達成と安全と信頼を提供するパートナーになる

HORIBAグループでは、2018年より、安全に重点を置き、目標の最上位に掲げています。

カテゴリー グループIMS目標
安全

安全宣言行動方針への対応/行動計画の遵守

1.工場設備安全
(1)拠点整備・移動に伴う事故ゼロ・阿蘇工場改修工事における安全対策の徹底
(2)リスクアセスメント及び安全対策の実施
(ガス・排(廃)液漏えい事故防止)
2.労働災害防止
(1)業務上災害・業務上交通災害/職業性疾病/通勤途上災害をゼロにする
(2)非定常業務での災害ゼロ
3.製品安全
(1)Complaint SheetでのSA・A案件数ゼロ
4.サービス安全
(1)現場作業における製品・サービス要因事故ゼロ
(ヒヤリハット・ニアミス含む)
5.交通安全
(1)死亡事故/加害人身事故をゼロにする
(2)自責物損事故(加害・自損)のゼロを目指す
品質 1.顧客満足度向上
(1)品質コストのバランス配分と圧縮
  • 中長期達成目標:予防コスト≧評価コスト
      ≧損失コスト
  • 損失コスト 2018年より低減
2.工場品質の向上
(1)びわこ工場:びわこ工場生産性向上
(2)阿蘇工場:グループ量産の基幹工場の体制確立(安定品質/コストダウン/QSR)
3.QSR
(1)QSR要求事項を満足するシステムを構築する
衛生 1.労働衛生
(1)排ガス・排(廃)液・有害物質・放射線・化学物質等による人の健康障害のゼロを維持する
2.健康増進
(1)健康診断受診率100%を維持する
(労働安全規則第44条)
(2)保健指導実施率を2018年よりアップさせる
3.メンタルヘルス
(1)新規メンタル不調者数を2018年度より減少させる
(2)ストレスチェックの集団解析結果の改善
(①高ストレス者の低減/②職場の総合健康リスクの低減)
環境 1.省エネ・省資源
(1)エネルギー使用効率2018年度比1%向上
(2)廃棄物削減につながる活動の展開
2.環境事故未然防止
(1)環境事故ゼロ
3.製品環境パフォーマンスの維持・向上
(1)省エネルギー
  • 省資源化の向上

(2)製品含有化学物質情報の早期提供
(3)EU RoHS指令適合
リスク 1.情報セキュリティ
(1)情報セキュリティインシデントの発生防止
  • 情報セキュリティインシデント発生件数
    2018年度比 10%減
2.事業継続
(1)BCMS運用効果によるレジリエンスの向上

HORIBAグループのISO/OHSAS認証取得状況

HORIBAグループのISO/OHSAS認証取得状況及び登録年月をまとめております。

※国内グループ会社(株式会社 堀場テクノサービス、株式会社 堀場エステック、株式会社 堀場アドバンスドテクノ)は、グループIMSにともない、2011年よりIMS・ISO9001・ISO14001・OHSAS18001/ISO45001の認証が株式会社 堀場製作所に統合されています。

グループ会社 統合(IMS) 品質(ISO9001) 環境
(ISO14001)
労働安全
衛生
(OHSAS18001
/ISO45001)
医用(ISO13485) 事業継続(ISO22301) 道路
交通安全(ISO39001)
株式会社 堀場製作所(日本)
2004/7

1993/10

1997/6

2004/7

2006/3

2014/2
※1

2014/6
株式会社 堀場エステック(日本)
2004/7

1999/2

2006/2

2007/4

2014/2

2014/6
株式会社 堀場テクノサービス(日本)
2004/7

1993/10

1997/6

2004/7

2014/6
株式会社 堀場アドバンスドテクノ(日本)
2004/7

1999/12

2005/2

2009/1

2017/2
※2

2014/6
ホリバ・インスツルメンツ社(アメリカ)
2001/8

2002/12
ホリバ・インスツルメンツ社(アメリカ)アナーバー工場
1999

2002/2
ホリバ・インスツルメンツ社(アメリカ)トロイ工場
1999

2002/2
ホリバ・インスツルメンツ社(アメリカ)ピスカタウェイオフィス
1998/7
ホリバ・インスツルメンツ社(アメリカ) オースティンオフィス(米国)
2004/5
ホリバ・ブラジル社(ブラジル)
2015/6

2006/6
ホリバ・ヨーロッパ社(ドイツ)
2009

1996/12

2003/6

2006/9
ホリバ・フューエルコン社(ドイツ)
1995
ホリバABX社(フランス)
2010/3

1999/4

2009/8

2009/8

2005/3
ホリバ・フランス社
2009

1995

2009/4
ホリバ・UK社
(イギリス)

1994/8

2003/2
ホリバMIRA社
(イギリス)

1992/7

2001/12

2002/10
ホリバ社
(オーストリア)

2009

1999/8

2009/12

2009/12
ホリバ・インド社
(インド)ハリドワール工場

2017/6

2017/6

2017/6
ホリバ・コリア社(韓国)
1999/9

2004/6

2019/7
堀場儀器(上海)有限公司
2005/1

2005/5

2012/2
堀場(中国)貿易有限公司
2007/8

2007/8
ホリバ・インド社(インド)ハリドワール工場
2017/6

2017/6

2017/6
ホリバ・インスツルメンツ社(シンガポール)
2008/1

○:認証取得済、

※1 医用セグメントのみ

※2 半導体セグメントのみ

*:品質、環境、安全の各マネジメントシステムを統合の意識を持って運用している会社

HORIBAグループでは、主要生産会社が13拠点ございます。その内、ISO9001の認証取得率は85%、ISO14001の認証取得率は69%、OHSAS18001/ISO45001は46%となります。


国内グループ会社登録活動範囲、関連事業所

◆登録活動範囲

•ISO9001(JQA-0298)、ISO14001(JQA-E-90039)、OHSAS18001(JQA-OH0068)

登録事業者:株式会社 堀場製作所、株式会社 堀場エステック、株式会社 堀場テクノサービス、株式会社 堀場アドバンドテクノ

登録活動範囲:

1)分析計・計測機器及びこれらに関するユニット・センサ、自動車用試験機器並びに車両運行管理システムの設計・開発、製造、保管、販売、据付け及び付帯サービス(出張サービス・引取り修理・保守)

2)流量計測・制御機器、半導体製造用機器、分析・計測用機器の設計・開発、製造、販売及び付帯サービス(保守・点検・修理及び引き取り修理)

3)環境・工業用計測機器、半導体製造用計測機器、科学計測機器及びこれらの関連製品の設計・開発、製造、販売、据付け及び付帯サービス(出張サービス・引き取り修理・保守)

 

•ISO39001(JUSE-RT-008)

登録事業所:株式会社 堀場製作所、株式会社 堀場エステック、株式会社 堀場テクノサービス、株式会社 堀場アドバンスドテクノ、株式会社 ホリバコミュニティ

登録活動範囲:

1)HORIBAグループ国内5社における社有車及びその業務に使用する車両(フォークリフト含む)の運行及び運行管理並びに運送会社に対する荷主責任

2)運行管理システム(ドライブレコーダー等)の開発、製造委託、販売

3)グループ内に在籍するすべての要員の通勤の安全

 

•ISO13485(JP15/040427)

登録事業者:株式会社 堀場製作所

登録活動範囲:

・血液検査用器具、尿検査及び付属品の設計・開発、製造、保管、販売、保守、点検、修理

・血液検査用器具、尿検査の体外診断用医薬品の設計・開発、製造、販売

 

•ISO22301(JQA-BC0013)

登録事業者:株式会社 堀場製作所、株式会社 堀場エステック、株式会社 堀場アドバンスドテクノ

登録活動範囲:

1)血液検査用器具及び付属品の製造、保管、保守

2)血液検査用器具用の試薬の製造

3)流量計測・制御機器、半導体製造用機器、分析・計測用機器の設計・開発、製造、販売及び付帯サービス(保守・点検・修理・引き取り修理)

◆関連事業所

事業所 ISO9001
ISO14001
OHSAS18001
ISO13485 ISO22301 ISO39001
株式会社 堀場製作所 本社・工場
株式会社 堀場製作所 びわこ工場
株式会社 堀場製作所 東京セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 北海道セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 東北セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 栃木セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 横浜セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 名古屋セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 豊田セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 浜松セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 大阪セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 四国セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 広島セールスオフィス
株式会社 堀場製作所 九州セールスオフィス
株式会社 堀場エステック 本社・工場
株式会社 堀場エステック 阿蘇工場
株式会社 堀場エステック 京都福知山テクノロジーセンター
株式会社 堀場エステック 東京セールスオフィス
株式会社 堀場エステック 東北セールスオフィス
株式会社 堀場エステック 山梨セールスオフィス
株式会社 堀場エステック 名古屋セールスオフィス
株式会社 堀場エステック 九州中央セールスオフィス
株式会社 堀場テクノサービス 本社
株式会社 堀場テクノサービス 東京サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 北海道サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 東北サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 福島サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 栃木サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 千葉サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 鹿島サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス つくばサービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 埼玉サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 西東京サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 横浜サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 富士サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 浜松サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 東海サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 名古屋サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 北陸サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 三重サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 京都サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 大阪サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 兵庫サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 四国サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 岡山サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 広島サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 山口サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 九州サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 大分サービスステーション
株式会社 堀場テクノサービス 熊本サービスステーション
株式会社 堀場アドバンドテクノ 本社
株式会社 堀場アドバンドテクノ 工場
株式会社 堀場アドバンドテクノ 東京セールスオフィス
株式会社 堀場アドバンドテクノ 東北セールスオフィス
株式会社 堀場アドバンドテクノ 名古屋セールスオフィス
株式会社 堀場アドバンドテクノ 大阪セールスオフィス
株式会社 堀場アドバンドテクノ 広島セールスオフィス
株式会社 堀場アドバンドテクノ 四国セールスオフィス
株式会社 堀場アドバンドテクノ 九州セールスオフィス

その他、ISO/IEC17025 (試験所・校正機関の能力に関する一般要求事項)に基づく試験所認定を以下の事業所にて取得しています。

  認定年月日 認定範囲、区分 認定機関 認定番号
株式会社 堀場テクノサービス 分析技術センター 2001/06/26 化学試験・鉄鋼 JAB RTL00880
株式会社 堀場テクノサービス サービス本部 2009/08/31 排出ガス測定装置 IA JAPAN ASNITE0033C
株式会社 堀場テクノサービス 分析技術センター 2015/06/12 流量・流速 IA JAPAN JCSS0321
株式会社 堀場エステック 京都福知山テクノロジーセンター 2017/05/01 気体質量流量 NVLAP 600160-0