特集論文 : 4WDシャシダイナモメータでの燃費試験における不安定要因の解析

製作者: 小川 恭広

2014年5月23日


地球温暖化対策の観点から自動車の燃費性能向上が求められ,走行性能の向上を狙って4輪駆動車が市場で増加し続けており,さらに,ハイブリッド車,電気自動車など,駆動輪と動力回生輪が異なり4WDシャシダイナモメータでなければ試験ができない車両も一般的になってきた。そのため4WDシャシダイナモメータによる4WD車の燃費試験が重要となってきている。本稿では,4WDシャシダイナモメータによる安定した燃費試験を実施するために,シャシダイナモメータの安定性,車両ロス変化,走行抵抗調整等の影響解析を行い,最終的にローラ温度やタイヤ表面温度の差が車両ロスに影響し,燃費に影響することを突き止めた。

4WD Chassis dynamometers testing is increasing for fuel economy and emission measurements with the complexity mechanism of HEV and EV. However, the test stability and repeatability used by 4WD Chassis dynamometer is still not confirmed. Against this background, studies aiming at improvements of the repeatability of 4WD fuel economy tests have been conducted. Key factor for improving stability and repeatability has been confirmed. The stabilization of

 

PDFをダウンロード (8.7 MB)