大きく変わる社会、多様化・複雑化する技術に対応されるみなさまとともにHORIBAは新しいクルマをつくるパートナーとして、”はかる技術” で高精度・高効率な開発環境を提供します。<人とくるまのテクノロジー展2021 オンライン・HORIBAバーチャル展示会>

Keynote Speech

「BEYOND MEASURE. 」 ー クルマづくりの未来を、新しいHORIBAとともに。

(株)堀場製作所 代表取締役社長 足立正之

HORIBAは長年「はかる」技術に徹底的にこだわり、クルマづくりの最先端でお客様と一体となってその技術を磨き上げてきました。
そして今、私たちは高精度な「はかる」技術を活かした、効率的な車両開発環境を提供し、新しいクルマづくりのプロジェクトを多くのお客様とともに、 グローバルスケールで次々と始動させています。
HORIBA SHOWCASEでは そうしたプロジェクトの具体例と、これまでの多くの協業を通じて培った車両開発効率化ソリューションをご紹介します。
皆様の新しいクルマづくりのパートナーである HORIBAの取り組みに、ぜひご注目ください。

HORIBA SOLUTIONS for Accelerating Vehicle R&D

次世代モビリティ開発の加速に貢献するHORIBAのソリューション

次世代モビリティ技術の進展に伴い、より複雑化・多様化したシステムは、今まで以上に最適化が難しくなっています。
また電動パワートレインやAD/ADASといった新機能の開発・実装だけでなく、エミッション低減といった従来機能の向上も求められ、車両開発はさらなる効率向上が喫緊の課題となっています。
HORIBAは、「先進的なエンジニアリング」、「高効率を実現するソリューション」、「高精度な開発環境」を組み合わせた、次世代モビリティ開発のトータルパッケージを提案し、開発業務の効率化・開発拠点の融合・資産の有効活用・次世代エネルギーへの対応・開発フロントローディングの実現をサポートします。

Challenge 1. 「新しいクルマ」をつくるエンジニアリング力

Challenge 1. 「新しいクルマ」をつくるエンジニアリング力

次のようなお客さまをサポートします

  • 電動車両やAD/ADASに関する新規事業立ち上げにより、自動車開発の知見が欲しい
  • システム効率を最大化させる電動車両システム設計を委託したい
  • AD/ADASなど従来と異なる安全設計について専門的な知識がない
  • 開発の手戻りをなくすため、コンセプト段階からシミュレーション技術を用いた評価・検証をしたい

HORIBAは、電動化やコネクテッド・自動運転技術を搭載するクルマの設計から実車検証まで、一気通貫で支援します。
75年にわたり世界の自動車メーカと車両開発を行ってきた豊富な経験と独自のノウハウを有するHORIBA MIRA社を中心に、次世代モビリティ開発に取り組まれるお客様との協力体制を構築し、「新しいクルマづくり」をグローバルで追及しています。

電動車両開発では、複雑なシステムの効率を最大限にするBMS開発やエネルギーマネジメント、運転性能・快適性の設計を実現したうえで、コスト削減に取り組む必要があります。HORIBAは、培ったノウハウによるエネルギー効率の最大化や、高度なシミュレーション技術を用いた開発フロントローディングによるコスト削減を実現し、お客様の車両開発を強力に支援します。

AD/ADAS※開発では、車両システムが複雑になったり、外部とのアクセスポイントが増えたりすることによって懸念される、車両品質や安全を脅威にさらす攻撃リスクへの対策が必要です。HORIBAは、車両レジリエンスエンジニアリング、独自の試験手法・設備でのAD/ADAS機能の効率的な開発・検証が可能です。車両レジリエンスエンジニアリングでは、サイバーセキュリティだけではなく、電磁両立性、機能安全まで考慮したトータルでの安全設計を実施します。また、市街地を再現したテストコースでのAD/ADAS機能の検証・評価だけではなく、先進的なエンジニアリング力と高精度な開発環境を組み合わせ、シャシダイナモメータ上でのAD/ADAS検証手法も提案します。

※AD/ADAS:自動運転(Autonomous Driving)/ 先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System)

Challenge 2. 「つながる」ラボによる開発効率化ソリューション

Challenge 2. 「つながる」ラボによる開発効率化ソリューション

次のようなお客さまをサポートします

  • 電動車両やAD/ADASなど、複雑化したシステムの検証を、サブシステム単体など、開発プロセスの早い段階から実施したい
  • 車両開発業務を効率的に行いたい
  • AD/ADASやRDEなどの実路走行時の車両挙動の検証を、再現性良く試験室で実施したい
  • 開発の手戻りをなくすため、コンセプト段階からシミュレーション技術を用いた評価・検証をしたい
  • 遠隔で試験を管理したい
  • 試験の稼働率をあげたい

次世代モビリティの開発に伴って複雑化・多様化するシステムの最適化は、今まで以上に難解になっています。また、電動パワートレインやAD/ADASといった新機能の開発・実装だけでなく、エミッション低減といった従来機能の向上も求められ、より効率的な車両開発が求められています。
HORIBAは、「ラボとラボ」、「ラボと実路」を「つなぐ」ことでより効率的な車両開発を実現する、独自のソリューションを提案します。

●「ラボとラボをつなぐ」 Test in the Loop™

「Test in the Loop™」は、複数の試験室をつなぎ、バッテリ、モーター、パワートレイン、エンジン、車両の 実機やエミュレータ、モデルを組み合わせてシステム適合を効率化するソリューションです。コンポーネントやサブシステムの開発段階で実車試験に近い精度・XiLS(X-in-the-Loop-Simulation)に近い作業効率で、効率的なシステム適合を行います。

●「ラボと実路とデータをつなぐ」 STARS Enterprise

「STARS Enterprise」は、ラボとラボ、ラボと実路をデータでつなぎ、開発業務効率化・開発拠点の融合・開発フロントローディングを実現するソリューションです。車両技術の高度化や規制の強化、労働人口の減少やリモートワークの拡大など、自動車業界を取り巻く環境の変化が進んでいます。
STARS Enterpriseは、限られた時間の中で、より多くの車両開発ができるように開発したソフトウェアです。現在の開発環境において求められる解決策を提供し、試験の稼働率向上や省人化、最適投資を実現します。

●「ラボと実路をつなぐ」 実路試験の台上化

HORIBAは、AD/ADAS車両開発、RDE適合における「実路試験の台上化」を実現し、車両開発の効率化を支援します。
AD/ADAS評価では、AD/ADAS開発を支援する、「データをはかる・ためる・つかう」ソリューションを提供します。
RDE適合の台上化では、RDE適合にかかるコスト・工数を削減するアプリケーション「RDE+(プラス)」をご提案します。
RDE+では、主に「実路試験の台上化」、「台上試験のフロントローディング」を提案し、RDE+適合に関わるコスト・工数を削減します。

Challenge 3. 「はかる」技術で実現する高精度な開発環境

➡ソリューション「ラボと実路をつないでフロントローディングを促進」  Challenge 3. 「はかる」技術で実現する高精度な開発環境

次のようなお客さまをサポートします

  • バッテリや燃料電池など、新たなサブシステムの材料や性能を高精度に評価したい
  • 使いやすく安全で、試験効率が上がる試験設備を導入したい
  • 既存の設備や資産を活かしながら最新の評価を実施したい
  • Euro 7をはじめとする厳格化する排ガス規制に、最小限の投資で効率よく対応したい

HORIBAは長年にわたり「はかる」にこだわり、NDIR (非分散赤外線吸収法)を中心とした幅広いコア技術を自社で開発し、お客様により効率よく評価・検証していただけるよう、高精度な開発環境を提供してまいりました。

今年は、これまでにない高精度・高感度・高ロバスト性のガス分析を実現する新たなコア技術、「IRLAM(Infrared Laser Absorption Modulation)」を開発しました。IRLAMは、アンモニアやホルムアルデヒドなど、欧州で新たに規制化が検討されている成分を、排ガス試験室や実路走行試験で高精度に測ることができる技術です。

また、排ガス計測にとどまらず、シャシダイナモメータ上の走行試験を高い繰り返し性で再現する「自動運転システム」や、電動車両にも対応できる計測精度を備えた「シャシダイナモメータ」、ガス制御に優れ燃料電池のセルからフルスタックまでを高精度に評価できる「燃料電池評価装置」など、幅広い計測機器を組み合わせた多様な開発環境を提供します。

さらにHORIBAは、計測機器メーカならではの独自のノウハウを有しており、より効果的かつ精確に評価できる開発環境を提供します。
これからも多彩な「はかる」技術を提供し続け、お客様の課題解決を貢献します。

Seminar

ここでしか見られない!オンラインセミナーを公開中!

最先端の業界動向や、お客様の課題に関するHORIBA独自のソリューションを専任のエンジニア等が動画で解説します。充実の10テーマを公開中!

セミナータイトル

リンク先のページにて、セミナー動画を関連情報と合わせてご覧いただけます。

ラボとラボをつなぎ車両のトータルコンポーネント評価を可能にする「Test in the Loop™」

ラボとラボをつなぎ車両のトータルコンポーネント評価を可能にする「Test in the Loop™」

複雑なシステムの最適化を効率よく実施できる評価手法、Test in the Loop™の詳細や具体的な活用事例をご紹介します。

ラボの効率を最適化させるソリューション「STARS Enterprise」

ダイジェストセミナー:ラボの効率を最適化させるソリューション「STARS Enterprise」

限られた時間の中でより多くの車両開発ができるよう、開発プロセスの効率化や業務効率改善をサポートするソフトウェア「STAS Enterprise」の各種機能の詳細や、具体的な活用事例をご紹介します。

Euro 7 パッケージ

ダイジェストセミナー:Euro 7 パッケージ

リアルワールド試験から、台上試験、設計・評価を行うオフィスでの業務、すべてを最適化し、開発リソースを最大限活用していただけるような車両開発システム・アプリケーションをご紹介します。

強化されるRDE規制への対応 開発フロントローディングを支援するRDE+アプリケーション

強化されるRDE規制への対応 開発フロントローディングを支援するRDE+アプリケーション

実路試験環境を試験室で高精度に再現し、試作車両やコンポーネントを評価できるHORIBA独自のアプリケーションについて、主に開発フロントローディングに焦点を当ててご紹介します。

燃費規制の強化で求められる軽量化材料評価

燃費規制の強化で求められる軽量化材料評価

軽量化材料・マルチマテリアル向けアプリケーションをご紹介します。

電動車両の効率向上の実現に欠かせない電池材料評価

電動車両の効率向上の実現に欠かせない電池材料評価 ~リチウムイオン電池・全固体電池向けアプリケーションのご紹介~

リチウムイオン電池・全固体電池向けアプリケーションをご紹介します。

FC材料開発における最新の分析解析と評価手法

FC(燃料電池)材料開発における最新の分析解析と評価手法

燃料電池(PEFC)向けアプリケーションをご紹介します。

燃料電池評価を支援するHORIBAの評価装置とターンキーソリューション

ダイジェストセミナー: 燃料電池評価を支援するHORIBAの評価装置とターンキーソリューション

設備などの導入負荷とリスクを低減するターンキー・プロジェクトマネジメントについて、特にHORIBA独自のリスクアセスメント手法を活用した安全な設計に焦点を当ててご紹介します。

水素社会の動向とHORIBAの取り組み

水素社会の動向とHORIBAの取り組み

水素社会の動向のご紹介に加え、HORIBAのもつ分析・計測ソリューションについてご紹介します。

HORIBAが提案する AD/ADAS技術とソリューション

HORIBAが提案する AD/ADAS技術とソリューション

AD/ADAS開発における課題と、データを「測る・貯める・使う」ことで開発を効率化するHORIBAのソリューションの詳細をご紹介します。

人とくるまのテクノロジー展 オンライン展示会にて「ワークショップセミナー」公開中!

電動車両のRDE適合効率化やサイバーセキュリティについて動画で解説しています。(公開期間:5月26日~7月30日)

<ワークショップセミナー タイトル>

・実路走行の台上化手法を用いた開発フロントローディング- 電動車両のRDE適合効率化をサポート-
・サイバーセキュリティ -UK最新動向と、UN-R155へのサプライチェーン・ツールチェーン対応

HORIBA BIWAKO E-HARBOR

総合テストセル「E-LAB」のご紹介

電動車両用バッテリや燃料電池を評価・解析する
テストラボ「CELL 0」ご紹介動画

*E-LABへのご来場・ご見学をご希望のお客様は お問い合わせフォームより お寄せください

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)