「先進的なエンジニアリング」「高効率を実現するソリューション」「高精度な開発環境」を組み合わせた次世代モビリティ開発のトータルパッケージ

HORIBA SOLUTIONS for Accelerating Vehicle R&D

次世代モビリティ開発の加速に貢献するHORIBAのソリューション

次世代モビリティ技術の進展に伴い、より複雑化・多様化したシステムは、今まで以上に最適化が難しくなっています。
また電動パワートレインやAD/ADASといった新機能の開発・実装だけでなく、エミッション低減といった従来機能の向上も求められ、車両開発はさらなる効率向上が喫緊の課題となっています。
HORIBAは、「先進的なエンジニアリング」、「高効率を実現するソリューション」、「高精度な開発環境」を組み合わせた、次世代モビリティ開発のトータルパッケージを提案し、開発業務の効率化・開発拠点の融合・資産の有効活用・次世代エネルギーへの対応・開発フロントローディングの実現をサポートします。

 

Challenge 1. 「新しいクルマ」をつくるエンジニアリング力

Challenge 1. 「新しいクルマ」をつくるエンジニアリング力

75年にわたり世界の自動車メーカと車両開発を行ってきた豊富な経験と 独自のノウハウを有するHORIBA MIRA社を中心に、次のようなお客様をサポートします

  • 電動化やAD/ADASに関する新規事業立ち上げにより、設計から検証まで幅広い自動車開発の知見が欲しい
  • システム効率を最大化させる車両システム設計を委託したい
  • AD/ADAS※など、従来と異なる安全設計について専門的な知識がない
  • サイバーセキュリティや電磁両立性、機能安全など安全全般を考慮したシステム設計をしたい
  • 開発の手戻りをなくすため、コンセプト段階からシミュレーション技術を用いた評価・検証をしたい

※AD/ADAS:自動運転(Autonomous Driving)/ 先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System)

Challenge 2. 「つながる」ラボによる開発効率化ソリューション

Challenge 2. 「つながる」ラボによる開発効率化ソリューション

次のようなお客さまをサポートします

  • 電動車両やAD/ADASなど、複雑化したシステムの検証を、サブシステム単体など、開発プロセスの早い段階から実施したい
  • 車両開発業務を効率的に行いたい
  • AD/ADASやRDEなどの実路走行時の車両挙動の検証を、再現性良く試験室で実施したい
  • 開発の手戻りをなくすため、コンセプト段階からシミュレーション技術を用いた評価・検証をしたい
  • 遠隔で試験を管理したい
  • 試験の稼働率をあげたい

次世代モビリティの開発に伴って複雑化・多様化するシステムの最適化は、今まで以上に難解になっています。また、電動パワートレインやAD/ADASといった新機能の開発・実装だけでなく、エミッション低減といった従来機能の向上も求められ、より効率的な車両開発が求められています。
HORIBAは、「ラボとラボ」、「ラボと実路」を「つなぐ」ことでより効率的な車両開発を実現する、独自のソリューションを提案します。

Challenge 3. 「はかる」技術で実現する高精度な開発環境

➡ソリューション「ラボと実路をつないでフロントローディングを促進」  Challenge 3. 「はかる」技術で実現する高精度な開発環境

長年にわたり「はかる」にこだわったHORIBAだからこそ提供できる高精度な開発環境で、 次のようなお客様をサポートします。

  • バッテリや燃料電池など、新たなサブシステムの材料や性能を高精度に評価したい
  • 使いやすく安全で、試験効率が上がる試験設備を導入したい
  • 既存の設備や資産を活かしながら最新の評価を実施したい
  • Euro 7をはじめとする厳格化する排ガス規制に、最小限の投資で効率よく対応したい

Seminar

ここでしか見られない!オンラインセミナーを公開中!

ダイジェストセミナー 一覧

最先端の業界動向や、お客様の課題に関するHORIBA独自のソリューションを専任のエンジニア等が動画で解説します。充実の10テーマを公開中!
関連情報ページでは、各セミナーと関連するアプリケーションなどもあわせてご覧いただけます。

ラボとラボをつなぎ車両のトータルコンポーネント評価を可能にする「Test in the Loop™」(13分20秒)

ラボの効率を最適化させるソリューション「STARS Enterprise」(13分20秒)

Euro 7 パッケージ(11分09秒)

強化されるRDE規制への対応 開発フロントローディングを支援するRDE+アプリケーション(13分20秒)

燃費規制の強化で求められる軽量化材料評価(13分18秒)

電動車両の効率向上の実現に欠かせない電池材料評価(32分22秒)

FC材料開発における最新の分析解析と評価手法(9分29秒)

燃料電池評価を支援するHORIBAの評価装置とターンキーソリューション(8分34秒)

水素社会の動向とHORIBAの取り組み(10分05秒)

HORIBAが提案する AD/ADAS技術とソリューション(18分55秒)

人とくるまのテクノロジー展 オンライン展示会にて「ワークショップセミナー」公開中!

電動車両のRDE適合効率化やサイバーセキュリティについて動画で解説しています。(公開期間:5月26日~7月30日)

<ワークショップセミナー タイトル>

・実路走行の台上化手法を用いた開発フロントローディング- 電動車両のRDE適合効率化をサポート-
・サイバーセキュリティ -UK最新動向と、UN-R155へのサプライチェーン・ツールチェーン対応

HORIBA BIWAKO E-HARBOR

総合テストセル「E-LAB」のご紹介

モビリティ開発の最先端ソリューションを「見て」「使って」「体感」いただける総合テストセル「E-LAB」ご紹介動画

(画像をクリックすると再生します)

電動車両用バッテリや燃料電池を評価・解析するテストラボ
「CELL0」ご紹介動画

(画像をクリックすると再生します)

*E-LABへのご来場・ご見学をご希望のお客様は お問い合わせフォームより お寄せください

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)

075-325-5174
電話受付時間
9:00〜12:00、13:00〜17:00
(祝祭日・2/12・4/9・5/1~5/9・10/8を除く月〜金)