カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


蛍光分光光度計を用いた環境水中の溶存有機物質の測定例を紹介します。


GD-OES分析は、水素HからウランUまで、HやLiなどの軽元素含む幅広い元素が測れることが特長的でありますが、軽水素Hの発光線である121.567nmの近傍の121.534nmに重水素Dの発光線があることは知られていません。


従来、GD-OESは平板形状の試料を対象に分析することが一般的でしたが、最近では非平面形状用の治具が製作され、配管の内面や棒の外面を分析することが可能になってきています。


水中に含まれる炭素や窒素の量は、湖沼や河川の富栄養化や地下水及び工場排水における水質汚濁の程度を示す一つの指標となっています。これらの元素をICP発光分析装置で測定し、装置における検出下限値を算出したので紹介します。


高マトリックスな試料溶液中では、測定対象とするスペクトルの感度は、一般的に単純な水溶液のそれと比較して低下します。シーケンシャル型ICP発光分析装置ULTIMA2を用いて、10 g/Lの鉄と塩化ナトリウムを含む試料における装置の検出下限値を算出したので紹介します。


底質試料中の全クロムの定量は、前処理方法の違いによって異なる結果が得られることがあります。2通りの方法で前処理をおこない、その結果を比較したので紹介します。


ミネラルウォーター,水道水および井戸水中の金属元素分析をおこなったので紹介します。


PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。