HORIBAでは、ラボでの評価から実路計測まで、自動車開発に必要なあらゆる計測装置を取り揃えています。 また、材料の高強度化・軽量化に伴うマルチマテリアルの分析や、自動運転・電動化に向けたセンサ・バッテリなどの開発に貢献する分析を支えます。


自動車の燃費向上や電動化に貢献する軽量化のため、素材開発や複合材料を評価するためのソリューションを提案します。


モビリティの電子制御化が進み、日々進化している車載・電子機器部品の小型・大容量化に貢献する評価事例を幅広く紹介します。


車体の軽量化・マルチマテリアル化に伴い、異種素材の接合など材料特性や経済性を鑑みて、長所を活かすための研究が進められています。ここでは自動車部品接合評価やめっきなどの分析事例を紹介します。


摺動部品の摩擦損失の低減や伝達効率の向上など、トライボロジーに関する技術は、CO2削減に寄与します。ここではDLCなどの分析事例を紹介します。


自動車の電子化、高電圧化へのシフトに伴い、車載機器の接点障害などへの影響を分析した事例を紹介します。


生産性向上に寄与する歩留まり向上や安全性向上に関するインライン・オンラインの分析事例を紹介します。


持続可能な水素エネルギー社会の実現に向けて、触媒性能評価や劣化解析などの分析事例を紹介します。


異物の組成を特定することで、混入経路の推測や工程改善につながります。ここでは腐食をはじめとする異物分析事例を紹介します。


HORIBAでは、コンポーネント、システム、完成車についても、シミュレーションから実品評価までモビリティに搭載した状態で評価可能です。


カタログダウンロード