カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


医薬品の研究開発では,化学組成の分析以外に結晶性(多形)の解析に利用されている。また,自動測定システムも開発され,生産工程管理や品質管理にも応用されている。最近では,単細胞の組成分布観察などバイオ分野での研究においても注目を集めている。


食品由来の蛍光発光は単一成分由来であることはほとんどなく、通常複数成分が混ざり合った状態で観察されるため、複雑な発光を示します。三次元蛍光測定(蛍光指紋)は、これらの発光情報を一度に測定できる簡便な方法です。


LabRam-IRは,分散型ラマン分光分析とFTIRとを一体化した顕微分光装置で、2002年3月のピッツバーグ・コンファレンスで金賞を受賞しました。HORIBAJobin Yvon社独自の共焦点技術(Same Spot TM)によって,サンプル上の同一微小領域のラマンとFTIR の両方のスペクトルを,試料を移動させずに測定できるようになりました。


複雑なスペクトル波形をもつ酢酸コルチゾンを種々の条件で測定し、適切な測定条件について検討した結果、He-Neレーザによる633nm励起により最も良い結果が得られました。


食塩の主成分であるK,Ca,Mg,S,Br,Cl,Naの定量分析をした事例を紹介します。


ケイ酸塩、金属酸化物などの無機成分、そしてオイルなどの有機成分を多く含む化粧品の前処理は非常に煩雑です。今回、マイクロウェーブ分解装置を使用して前処理を簡素化しチタンの定量分析をおこなったので紹介します。


  • ラマンスペクトルから結晶多形の定性的・定量的情報を得ることができるが、医薬品の条件付けにおけるラマン分析法の潜在能力は、まだ最近注目されはじめたばかりである。今回は、簡単な有機化合物質の測定結果から、物質間の結晶多形の差を判別できることを紹介する。

  • ビタミン B1の動的な蛍光定量法。
    (SPEX Fluorolog、SPEX FluoroMax)

PDF形式のファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。上のボタンから、アドビシステムズ社のダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。