ラマン分光装置製品ラインアップ


顕微光学系を用いた装置は、ミリメートルからミクロンメートルスケールの微小領域の分析が可能です。また、原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscope : AFM)と組み合わせることでナノメートルスケールの分析が可能となり、ナノ材料開発ツールとしても有効となってきました。一方、非破壊・非接触、ガラス越しの水溶液測定も可能であることから、化学プロセスを含む各種生産プロセスにおけるモニタリングツールとしての用途が広がっています。

堀場製作所は、独自の高性能分光器、高感度検出器、データ処理技術を用いた様々なラマン分光ソリューションをご提供します。とくに、当社の特長である紫外~近赤外領域の幅広い波長領域測定、シングル分光器では最高のスペクトル分解能、多岐に亘る測定アクセサリ、データ処理機能、カスタマイズ技術をベースにし、お客様のご要望にお応えする製品・分析サポートをご提供します。


R&D 分析・解析

AFM(原子間力顕微鏡)ラマン - AFM-Raman

容易な操作性を実現した高速ナノイメージング装置
原子間力顕微鏡(AFM)と顕微ラマン分光装置の統合装置です。AFMによる表面物理情報、ラマン分光装置による化学情報を同一エリア・同時高速測定により取得できます。専用チップを使用することで、チップ増強ラマン分光(TERS)、近接場顕微鏡(SNOM)測定も可能です。

顕微レーザーラマン分光測定装置 LabRAM HR Evolution

オートメーション機能を強化した最新モデル
23,000件を超える学術報告にLabRAM HRシリーズのデータが掲載されています。HR Evolutionは、紫外~近赤外領域における高いスペクトル分解能測定を継承するとともに、サブミクロンスケールの空間分解能、オートメーション機能を強化した最高峰の顕微ラマン分光装置です。

ラマン顕微鏡 XploRA PLUS

ラマン顕微鏡XploRA PLUSは、コンパクトな多機能顕微ラマン分光装置です。このコンパクトボディに最大3つの励起用レーザーを搭載できます。また、共焦点光学系の採用によりサブミクロンスケールの空間分解能でイメージング測定が可能です。

倒立型顕微鏡ラマン分光装置 XploRA INV

バイオサンプルに適した観察機能とイメージング
バイオ系サンプルおよび透明試料の測定に適した倒立型顕微鏡とラマン分光装置の統合装置です。レーザー照射系に2Dスキャナを搭載することにより、試料ステージの駆動無しにミクロンメートルスケールのイメージングを取得することができます。

トリプルラマン分光装置 T64000

トリプル分光器を有し、最高のスペクトル分解能、10cm-1以下の極低波数、幅広い波長領域の測定に対応する、ラマン分光における究極仕様を実現する装置です。大型マクロサンプル室を備えており、顕微・マクロ測定に対応できます。

品質管理

透過ラマン分光装置

顕微ラマンなどの表面散乱光の観察ではなく、ラマン光を数 mm の領域で透過測定する光学系を設計することで、錠剤中有効成分の短時間かつ高精度な測定を実現しました。

プロセス

プロセスラマンシステム

レーザ照射・ラマン光集光用の小型光学ヘッド(SuperHead)、光ファイバ、および分光器・レーザー光源で構成されるシステムです。光ファイバを介して光学ヘッドのみを生産装置や検査機器に組み込めます。お客様のご要望に合せたご提案が可能です。