深さ方向元素分布分析


GD-OESによる化合物半導体薄膜の元素分析

中間層のAlGaAs成膜時のAl濃度を変化させた場合の元素分布を比較しました。 原子比において、数%以上の違いを捉えています。また、測定時間が2secと非常に短時間で評価することができました。


試料表面元素分析


GD-OESによるGaN表面の軽元素分布分析

GaN表面付近のAl、H、Oの量の違いがあることがわずか30秒で判明しました。 マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置なら、μm / min オーダのスパッタリングレートにて、試料表面から深さ方向の元素分析が可能です。


マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置 GD-Profiler2

迅速かつ簡単に深さ方向の元素分布を評価
H~Uまで検出可能
化合物半導体薄膜の研究開発・生産技術・品質管理の分野で幅広く活用

マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置(GDS) GD-Profiler2

半導体材料分析におけるソリューションをまとめたSemiconductor Navi
半導体材料分析におけるソリューションをまとめたSemiconductor Navi(PDF)のダウンロードはこちら

半導体材料分析におけるその他のソリューション

膜厚・膜質分析
応力分析
欠陥・不純物分析

CMPスラリー分析
キャリア寿命分析
異物検出・分析


受託分析のご依頼やお見積り等に関しましては以下よりお気軽にご相談ください。

受託分析
見積り
お問い合わせ