独自開発の『プロセスラマン』でリアルタイムのモニタリングを実現!

プロセスラマンシステムは、集中管理室や分析室にレーザ・分光器を設置し、ファイバー接続で数十メートル先の反応槽にプローブを取り付けることにより、反応槽内の直接測定や、分析窓越しでの測定を実現し、リアルタイムでモニタリングすることが可能になりました。


\こんな ご要望にお応え します!/

複数の反応槽を同時にモニタリングしたい!
抜き取り作業など危険な作業を回避したい!
遠隔(集中管理)での業務の効率化を図りたい!

システム事例
製造プロセスモニター

医薬品プロセスにおけるAPI 濃度、結晶多形モニタリング、水和物などの管理や石油プラントにおける化学反応・重合反応のモニタリングなどに最適です。モニターしたい項目をリアルタイムに表示するなど目的に応じた表示も可能です。

  • 1 ユニットで4 系統まで同時測定が可能
  • 防爆仕様にも対応可能
  • 顕微システムとのドッキングも可能


ポリマー共重合過程のモニタリング事例


医薬品プロセス評価事例

医薬品原薬は、温度や湿度など外部要因により、結晶多形や水和物を含む別の多形体へと相転移することがあり、溶解速度が変わることから、それらの制御は重要な課題です。ラマン分光法では、様々な多形体を識別し、水和状態と相転移を簡単に区別できるため、医薬品製造におけるプロセス評価を行うことができます。
仕様

スペクトル範囲150 ~ 3260 cm -1
プローブSuperHead™(観察用ライト、40 mm 焦点マクロレンズ、10X、50X ULWD 各対物鏡レンズ、浸漬用のプローブなど用途に合わせてお選びいただけます)
入力ファイバー(SMA コネクター)(オプションにて最大4 本までファイバー入力を増やすことができます)
レーザアプリケーションに応じて必要なレーザー波長・パワーをご提案いたします。
ソフトシステムのコントロール、データ取り込み、データの編集作業のためのLabSpec ソフトウェア
電源100V / 20 A

Lab スケールシステム

生産プロセスに限らず、実験室レベルでシステム構成にも対応できます。
多彩なラマンプローブ
顕微ラマンと組み合わせたプローブシステム構成例
(既存のシステムに増設も可能です。)
浸漬プローブで、液体や固体をそのまま測定できます。